« 水曜どうでしょう注意報! | トップページ | やるゲームが無い »

2006年10月 3日 (火)

世にも奇妙な物語+水曜どうでしょう

前回に予告した通り

水曜どうでしょう大魔神が降臨いたしましたw

ファンならご存知な

ダルマ屋ウィリー事件〔大泉激突事件〕

インドアイン事件〔車の鍵事件〕

これらは知ってる人はウケますね。

今、こちらでは水曜どうでしょう2005年新作を放送しております

今回は西表島が舞台のようです

牛追い祭のはずがディレクターが下見に行き飽きたのか?予算が無いのか

分かりませんが

トップは俺だ!虫追い祭

に変更され安田顕も参戦しています。

いや~放送が楽しみだ~!

そして話は変わりこの前世にも奇妙な物語を見たのですが

昨日公園というストーリーがあり主人公と友人がキャッチボールをしているのですが

その友人は主人公と分かれた後に酒の配達中に石段を踏み外して死んでしますのですが

次の日、主人公が公園に行くと野球のボールが転がってきます

それを取ると昨日にタイムスリップしているのです

主人公は友人を助けようと石段を回避し家まで送るのですが

その夜、彼はバイクの事故で死んでしまいます

そうやって何回も過去に戻って助けようとするのですが死に方が変わるだけで友人の家族も死んでしまうのです

助けられずに最後は家族を巻き込まないように彼に大切なものを聞いて

家族だという答えを得て彼は友人を助けるのを諦めます。

これに似た話の映画でタイムマシンというのがあります

その映画では殺された彼女を救うために主人公がタイムマシンを作り

彼女を助けようとするのですが助けられず

ストーリーの終盤で彼は気がつくのです

タイムマシンは彼女の死から生まれたもので彼女が死ななければタイムマシンは存在しないので彼がタイムマシンを作って過去に戻っても彼女は絶対に死ぬのであると気がつくのです。

上の二つに共通している事はタイムマシンと野球のボールです

彼と彼女が死んでいるのでタイムマシンとタイムスリップする野球のボールが存在するので彼らは助けられないのです。

私は思うのですが人の死は絶対です

それが寿命なのか

運命による死なのかは分かりません

避けられない事なのです

だからこそ人は一度の人生を力強く生きていこうとするのではないでしょうか

人が人の生き死にを自由にできるようになったとしたらクローンを作った時のように触れてはいけない領域に入り人類は滅亡という道をまた一歩進むのかもしれません。

最後は明るく!

今日も一日伸び伸びと~!(by茶タイツ

(稲)

上のを最後にマークとして書こうかなと思っている稲葉でした

|

« 水曜どうでしょう注意報! | トップページ | やるゲームが無い »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152098/3673870

この記事へのトラックバック一覧です: 世にも奇妙な物語+水曜どうでしょう:

« 水曜どうでしょう注意報! | トップページ | やるゲームが無い »