« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

ルーキーズの裏の小さな奇跡

今回、ルーキーズが最終回でした

その裏番組でヤクルトVS巨人の試合をしていたのですが

ドラマのルーキーズで御子柴が逆転ホームランを打ったシーンで巨人のラミレスが同じタイミングで逆転ホームランを打ちました

ちょっと感動

そしてルーキーズが来年の春に映画化&今年の秋に2時間放送をすると知って

さらに感動!!

楽しみにしてます。

| | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

殻ノ少女がヤバイ~!!

パソゲーの殻ノ少女が最高に面白い

推理ゲームや推理小説が好きな人間にとってこれはヤバイ!

グロテスクな表現も多々ありますが前作のピアニッシモをシステム面&ストーリーで軽く抜いている(音楽はピアニッシモの方がいいかも)

まず前作みたいに真相にて非現実的でハイッ!?とはならないと思う

一つの事件が終わると次の事件が起こり最終的には三つの殺人事件を解決させる

しかし、エンディングは現実主義というかなんというか・・・

でも引き込まれる!時間を忘れて読み進めてしまう

今年、一番のハマリっぷりで良作なのだが!

エンディングを全部見るための文章読みが辛い!

攻略サイトを見ながらプレイしてもかなり前半からやり直すために時間がかかるので

根気が必要かも

知的欲求は満たされるけどエロゲーはエロく爆笑してなんぼの人はおススメしない

あまりエロくはないし前作みたくフリッカーの人も出演しません

最後に・・・

書きたいけど書かないことにします

面白くなくなるから

(稲)

| | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

ナルト

ナルトって読むと考えさせられる

はじめのストーリーでナルトは忍者の里の住人(主に大人)から忌み嫌われている

その理由はナルトの体に昔、里を襲った九尾の狐が封印されているからでナルト本人が悪いわけではないのに疎外されていた

孤独を隠すために里の一番偉い火影の石像に悪戯書きなどをして注目を集めていた

ナルトは最終的にはある大人に助けられることになるのですが

これは今の世のいじめ問題に深く関連していると思います

自分と違うと感じた子をイジメて疎外させる

ナルトと現実で違うのはイジメられている子には助けてくれる大人がいないこと

よくイジメられている子も悪いと言っている人がいるけどそれは絶対に間違っている

あるドラマで話し合えば自分とその子は自分とは違うというのに気がつくという台詞がありました

人は一人一人違っていて個性があります

イジメている子の両親はうちの子にかぎってと考えていることが多いけど本当に自分の子が見えているのでしょうか?

イジメられている子は気持ちを誰にでもいいから表現してほしい

助けてと表現してください

それで味方してくれる人が必ず現れるはずです

疎外されイジメられる気持ちはよく理解できます

私の小学校時代は自分の中で暗い歴史です

クラスメイトの名前も覚えていないほどです

やはり自分達とは違うという理由でした

分かるからこそ

助けてと言える勇気を持ってください

| | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

7月25日にルパンの新作登場!

毎年の夏に恒例のルパン三世が25日に登場します

ルパン三世 sweet lost night ~魔法のランプは悪夢の予感

前にOVAのGREENvsREDは見ましたがこれは微妙だったのですが好きなシーンがあり

次元がヘリコプターに貼り付いている時におっさんナメんなよ!仕事はスマートにやらなきゃな!と言って銃撃するのですがヘリから振り落とされる時にマグナムと他の銃とで二丁拳銃でヘリを墜とすシーンが最高にかっこいい!!

ルパンは毎回、楽しく見ています

楽しみだなぁ

(稲)

| | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

あの名作がDSで

あの名作RPGのクロノトリガーがDSでリメイクされる

リメイクも嬉しいけどDSでもいいからクロノシリーズの新作を作ってほしいな

ガルディア王家はなぜ没落したかなどをきちんと説明してほしいわぁ

でもクロノトリガーはSFCでは傑作だからな

SFCのクロノトリガーを知らない※ヤンジェネの子供達よ!

DSでやってみて!

面白いぞ!!

※ヤンジェネとはヤングジェネレーションのこと

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »