« 原発2 | トップページ | キングは、やはりキング »

2011年3月25日 (金)

久々にゲームの話を

原発以外は落ち着いてきたので久々にゲームの話をします
映画のウォンテッドのその後を描いたゲームである
ウォンテッド ウェポンオブ フェイトを購入しました
面白いのですが操作性がもっさりしていてカメラワークが悪い!操作は慣れれば良いがカメラはキャラが動くと揺れて酔う
カバースタイルになるとカメラが自分に接近しすぎて敵の行動が見えづらいですが悪い点ばかりではなくて映画の世界観を凄く意識していて弾丸を曲げるなどが決まると最高に快感でゲーム中の音声もDAIGOじゃなく声優さんで吹き替えられています
グラフィックは綺麗とは言えませんがトロフィーやストーリーは良い味を出しています
中古が安いのでぜひプレイしてみてください
きっと
一流の暗殺者の体験できると思います
ちなみに
バイオやトゥームレイダーやワンダ&ICOなどのコレクションが発売するがトゥームレイダーが気になりますね
ちなみに
ワンダとICOは凄くプレイ時間が短く感じます
なぜかと言うと
一本道だからです
ワンダは巨像を倒す作業でICOは城から抜け出すのが目的で寄り道が一切ありません
ですので
プレイ時間が短く感じるのです
そこが惜しい作品なんですよね

|

« 原発2 | トップページ | キングは、やはりキング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152098/39368106

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にゲームの話を:

« 原発2 | トップページ | キングは、やはりキング »