« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月 2日 (水)

カイジ2 人生奪回ゲーム 試写会 感想 序盤のみネタバレ

試写会が当たり見てきました
前作も鑑賞しましたが
今作は前作の知識が必要です
見ていなくても楽しめますが見た方が理解できますし楽しさ倍増です
まずキャストは

藤原竜也 (カイジ)
伊勢谷友介 (一条聖也)
吉高由里子 (石田裕美)
生瀬勝久 (坂崎孝太郎)
香川照之 (利根川幸雄)
その他に前作から地下の労働施設から班長など登場します

上記のキャストが中心になるので割愛w
ストーリーは
前作で借金を帳消しにしたカイジは1年もしないうちに再び借金をして
地下の強制労働施設にいた
そこで班長とチンチロの勝負をして仲間達の金を全て賭けて勝ったカイジ
仲間達は自分の外出権を全てカイジに託し
カイジは23日以内に2億円稼ぎ自分と仲間達の解放を目指す
ホームレスの炊き出しに参加したカイジは
そこで利根川と再会する
利根川に裏カジノの存在を教えられ
カジノの中で坂崎に出会う
そのカジノは昔に鉄骨を渡り切り帝愛で伸し上がってきた男
一条聖也がオーナーをしていた
一条は同じく鉄骨を渡り切ったカイジを異常なほどにライバル視していた
カイジは坂崎に連れられ高額貸玉のパチンコ
人喰い沼に出会う
当たれば13億円もの大金が獲得できる1発台
カイジは難攻不落の沼を攻略し仲間と自分を解放できるのだろうか
というのが序盤です
ちなみに
カジノの従業員が前作でカイジに影響を与えた人物
石田のおっちゃんの娘で石田裕美です

感想
待ちに待ったカイジの続編です
面白かったかと聞かれれば
面白かったです
しかし
前作のようなEカード的なドキドキ感は無かった
理由は相手が人ではなくパチンコが相手だからかもしれません
一条が直接にカイジと対戦することはありません
博打や設定も原作と違う箇所が多い
チンチロは開始5分で終了します
姫と奴隷もカイジの頭脳とか関係なくアッサリ終わります
やはりメインは沼ですね
設定は
原作では獲得しなきゃいけない金額は6千万円なのですが映画では2億円
利根川の再登場
おっちゃんの娘の登場
など
細かい所で違いがあります

驚いたのは沼です
すごく良く再現されて筐体が作られています
美術さんに感嘆です

評価
見る価値はある
しかし
前作を超えてはいない感じがする
姫と奴隷はオリジナルの賭博なので
あと少し長く見たかった
映画の値段的に言えば
千円で充分かと思います
ちなみに
最後のシーン付近で原作者が出演しているそうです
捜してみてはいかがでしょうか?
(稲)



 

| | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »