« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月20日 (金)

バイオ6キター

バイオ6を正式発表!発売日が11月22日!価格が7990円!期待で胸アツ( ̄▽ ̄)

| | トラックバック (0)

ALWAYS 三丁目の夕日64 ネタバレ序盤のみ 感想

ALWAYS 三丁目の夕日64の試写が当たり見てきました
キャストは
吉岡秀隆
小雪
堤真一
薬師丸ひろ子
堀北真希
須賀健太
上記のシリーズ俳優陣です

ストーリーは
昭和39年(1964年)東京オリンピックが開催された年
この年は道路やビルが建築ラッシュで作られ熱気に溢れた時代でした
あの三丁目では5年前(前作)から変わらず愉快に暮らしていました
茶川とヒロミは結婚し身重に淳之介は高校生になり
向かいの鈴木オートも事業を拡大し店構えも立派になっていた
そこの従業員の六子は毎朝お洒落をして何処かに出かけているようでした
茶川は冒険少年ブックで連載していたが新人に押されスランプ気味でした
そして茶川にある電報が届き・・・
六子の恋
茶川自身の過去そして茶川家のこれから
彼らにはどのような夕日が待っているのでしょうか

個人的感想
この作品も人気シリーズの新作だけあって面白かったです
ストーリーは読めてしまうかもしれませんが
それでも面白かった
親の心、子知らず
子の心、親知らず
といった感じでしょうか
笑える所があり
感動できる所があり
飽きませんでした
ご年配には懐かしく
若者には目新しく感じるかもしれませんね
主題歌であるバンプオブチキンのグッドラックも良い歌でした
ちなみに
この年は学校給食で脱脂粉乳から牛乳に変わっていった時代だそうです
ただ1つ文句があるとすれば
試写が2Dで見ていて
この箇所は3Dで見せたいんだなと分かってしまうところがありイライラした
東京タワーの上空CGのシーンやブルーインパルスなどですね
3Dで見たかったけど無料で見せていただいているので文句はあまり言えませんが
映画値段的に3Dの方が楽しめると思います
価格に見合った作品だと思いますので
夫婦や恋人や家族でご覧になってはいかがでしょうか?

| | トラックバック (0)

MI4 ゴーストプロトコル 感想

ミッションインポッシブル~ゴーストプロトコルを見てきました
キャストは
トム・クルーズ
ジェレミー・トナー
ポーラ・パットン
サイモン・ペッグ
上記4名がチームイーサンです
ストーリーは
イーサンはある事情でモスクワの刑務所にいますがチームが手伝い脱獄をします
イーサンはロシアの秘密ファイルの奪還とファイルを入手しようとした
コバルトとなる人物をを調べることになる
しかし情報を得る為に潜入したクレムリンを誰かが爆発
イーサンは病院で目覚めるもクレムリン爆破のテロ犯にされてしまう
病院から逃走したイーサンだがIMFの長官が現れゴーストプロトコルが発令されたと話す
これにより
IMFは無いものとされチームイーサンはテロリストとして追われる身になってしまう
が序盤です

個人的な感想
やはり人気作だけあって面白かった
制作にJJエイブラムスが続投されたのも大きい
あまり深く書けないがCMでも有名なドバイのビルのシーンは圧巻の一言
アクションとストーリーは秀逸だった
ラストにはあの人が・・・
値段は1800円は出しても惜しくない
珍しく試写ではなく普通に見に行きました

| | トラックバック (0)

WILD7 感想

ワイルド7を見ました
キャストは
瑛太
椎名桔平
丸山隆平
阿部力
宇梶剛士
松本実
wikiからの転載です
上記の七名がワイルド7です
上司で司令官に中井貴一や謎めいた女として深田恭子
が出演しています
ストーリーは
ワイルド7とは
眼には眼を、悪には悪ををコンセプトに集められた超法規的組織
つまり
凶悪犯を殺害するための組織
彼らがいつも通り出動して犯人を殺害しようとした矢先に
バイクに乗った人物に犯人は狙撃され死亡してしまう
何件も邪魔をされていたワイルド7はバイクの人物を追います
エイタは見失った先のバーで謎の女と遭遇します
謎の女の目的は何か
彼女を調べると本当の黒幕が・・・
ワイルド7は誰を倒すのか

感想
個人的には1800円は高いと思う内容
試写会で見たが内容が薄くストーリーも想像できてしまう
銃を乱射しているのに死亡者が出ないなど非現実的です
バイク好きか原作が好きな人なら楽しめると思います
DVD発売まで見なくと良いかと思います
個人的には
こちらを見るならMI4をオススメします

| | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
実は震災でPCが壊れ更新が出来ておりません

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »