« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月12日 (日)

逆転裁判 映画 感想

逆転裁判の試写が当たり見てきました
キャストは
成歩堂龍一⇒成宮寛貴
綾里真宵⇒桐谷実玲
御剣怜侍⇒斎藤工
矢張政志⇒中尾明慶
糸鋸圭介⇒大東駆介
綾里千尋⇒壇れい
狩魔豪⇒石橋凌
がメインかなと思います
ストーリーは

20XX年。絶えない凶悪犯罪に対応するため政府は『序審裁判』を導入。これは3日間で弁護士と検事が証拠と証拠をぶつけあいながら判決を下す制度である。
成歩堂龍一は新米弁護士。ある日、綾里法律事務所所長で成歩堂の良き上司の弁護士・綾里千尋が『長年追いかけてきたある事件の新たな証拠を見つけ た』というメッセージを残して殺害された。容疑者として逮捕されたのは千尋の妹であり、見習い霊媒師の綾里真宵だった。彼女の無実を証明するために成歩堂 は、エリート検事・御剣怜侍と対決する。
その法廷の後、成歩堂の元に御剣が殺人容疑で逮捕されたという知らせが入る。成歩堂は御剣に弁護を名乗り出るが、御剣を起訴したのは彼の師匠で40 年間無敗の検事・狩魔豪だった。そして審理を重ねていくうちに、15年前に起きた『DL6号事件』が今回の殺人事件と深く関係していることを知る
書くのが面倒なのでwikiからの転載です

個人的な感想
今年一番の駄作の可能性があり観客が映画に異議ありと発言したくなる作品
ゲームを全作プレイしていたら駄作と感じる可能性が大きいです
法廷が舞台で近代的な装置〔CG〕が天井から降下し証拠品のデータなどが出ます

見た瞬間にナニコレ?と萎えます
綾里の霊媒状態も成歩堂だけが見えており他の人には見えない〔CGで霊が現れ助言するだけでゲームで見られた肉体変化などは無い〕
最後の判決もCGで大きく無罪と出てCGでクラッカーを炸裂させたみたい物が出ます
最後の事件では本物の紙吹雪ですけど・・・
ストーリーとなる事件ですが
まず矢張の事件は映画の始めの三分弱で終了しトノサマンの事件は御剣が1人でダイジェストみたいに解決します
姫神プロデューサーは似ていたかもしれませんがw
綾里千尋の事件も梅世は存在せず小中が事件を目撃し職業もフリーのジャーナリストに変更されています
本題はDL6号事件なのですが事件発生現場が証拠保管室で裁判所のエレベーターではなく酸素不足での事件発生ではありません
それにともないDL6号の動機と状況が全く異なります
御剣の親父は格闘ののちに気絶し射殺されるなど
この映画は細かな部分が大量に変更されています
正直に申しますと途中で飽きてきてしまい
苦痛でした
とりあえず
成宮さん及び斎藤さんのファンは見てもいいかも
壇さんと桐谷さんは相変わらず綺麗でした
俳優陣は満足でしたが演出が駄目

総評
ゲームを知らない人には楽しめますがゲームのファンは受け付けないかもしれません
俳優陣は頑張っている
成宮さんと斎藤さんは成歩堂と御剣っぽく見えるシーンが結構あった
壇さんと桐谷さんはコレもありかなと思う
中尾さんもハマリ役です
見せ方を間違えた作品で
監督の三池監督は龍が如くのときも感じたがゲームの映画化には向いていない
最後のエンディング曲がポルノグラフティの2012sparkでこれは格好良かった
映画的値段で言えば800円で充分です
あと
法廷での尋問ではゆさぶりが少なく異議ありを連発しすぎで法廷シーンでのドキドキ感は皆無で爽快感はありません
いや~久々の駄作でした〔演出方面が特に〕
おそらく続編は無いと思います

| | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

異議アリ!

異議アリ!
今から逆転裁判を見ます!感想は後日

| | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ギアーズ3のオンは相変わらず・・・

箱のユーザーは相変わらずマナーが悪すぎる!友達がオンラインプレイをしていたので見ていたけど死ねとか抜けろカスとか日本人も外人も酷いメールを大量に送ってきます。箱のオンは全体的にco-opプレイしかマジ価値ないわ!初心者なんだから仲間内でイラねとか言うのは分かるが本人に知らせる意味あるのか?2は隔鯖だったし3では外人もいるからマシになったかと思ったけどマナーの悪さ進化してやがったwこれからプレーする人は間違ってもオンの対戦はやらないほうがいいです!ゴールドの価格が無駄になるのでco-opプレイだけ仲間内でやりましょう。

| | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »