« バイオショックインフィニット クリア 感想 | トップページ | 銀の匙 7巻 読んだ~ アニメの声優はどうなるのかねぇ »

2013年5月 7日 (火)

バイオショックインフィニット ストーリー考察

ネタバレです
重要な部分もネタバレしておりますので
読む方は注意して下さい
まずは
ブッカーはエリザベスの父親です
ストーリー序盤では預言者〔カムストック〕の子供と言われていました
しかし
預言者は種ナシと後半で判明します
預言者はエリザベスの父親ではない
これが世界A
しかし
世界Bでは
予言者はブッカーとして生を受けました
そこで
ある量子学者の人物によりティアが開放されます
娘を連れてくれば借金は帳消しだと取引を持ちかけて・・・
ブッカーは亡き妻との間にできた娘を男に引き渡します
男は世界Aの預言者の手先だったのです
そしてブッカーは人体実験を受けます
それは手先だった量子学者の実験でした
ブッカーはパラレルワールドを行き来したことにより
記憶が修正されるのかという実験
それがプレイヤーです
序盤の船の会話で先頭の2名が量子学者です
実験がという会話をしていますが
あれはブッカーのことです
そして量子実験されなかった可能性の世界
世界Cのブッカーは娘を引き渡し妻をなくし絶望して洗礼を受けます
全ての罪を流した男
洗礼名はカムストック
それが世界Aにつながる預言者の誕生でした
世界Bのブッカー〔プレイヤー〕は鼻血を流します
それは既に死亡しているため
プレイヤーはカムストックを殺害しますが
違う世界なので自分は死亡しません
なぜ鼻血を流すのかというと
エリザベスがブッカーを殺害するからです
これはどの世界のブッカーにも起きるために
預言者とブッカーは死亡が確定しているのです
エリザベスはカムストックの誕生の瞬間である洗礼の儀式の最中に
ブッカーを殺害
それにより
予言者は誕生しない
ということは
ブッカーの娘を引き渡す取引も無くなる
ということは
現在のエリザベスも誕生しない
ちなみに
プレイヤーが存在できる理由としてティア能力と
既に起きてた事件だから
簡単に言うとリプレイマシンみたいなものです
過去〔未来〕で死亡していても現象自体は起きていて
同じ行動を行いそして同じ結末を迎える世界
未来にエリザベス・ブッカー・預言者・コロンビア
全てが存在しないのです
もちろん
別の世界ではブッカーとエリザベスが別の全く違う人物として
他の世界を生きている可能性もあります
そのため
エリザベスが誕生しないために
最後のシーンでは色んなエリザベスが登場しますが
次々と消滅していきます
ブッカーは成功したのです
コロンビアからエリザベスを救出することに・・・
コロンビアもエリザベスも存在しないのだから・・・

|

« バイオショックインフィニット クリア 感想 | トップページ | 銀の匙 7巻 読んだ~ アニメの声優はどうなるのかねぇ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/152098/51533650

この記事へのトラックバック一覧です: バイオショックインフィニット ストーリー考察:

« バイオショックインフィニット クリア 感想 | トップページ | 銀の匙 7巻 読んだ~ アニメの声優はどうなるのかねぇ »